株式投資必勝法

■ 空売り法則

相場のトレンドに逆らわないトレードをすることが、あなたが株式投資で勝つ秘訣です。下げ相場にも、相場に合ったトレードの方法がいくつかあります。

その一つが「空売り」です。

買いよりも優しい「空売り」を覚えて全ての相場に対応できる投資家へ

空売り法則

9割の人が株式市場から退場する理由の一つに空売りが出来ない事が上げられます。なぜ空売りが出来ないかというと、空売り自体を知らなかったり、売り方の知識がなかったり、空売りは怖いという間違った情報をすり込まれてしまっていたり、そもそも空売りを教えてくれる人がいないという様な事情で、ほとんどの人は空売りが出来ません。

特に1990年のバブルがはじけてからの暴落相場以来、一貫して日本株は下げ続けています。いまの相場もまだ底打ちしたわけではありません。下げ相場で買いで取ることは大変難しい技術を必要とします。落ちてくるナイフを素手でつかむような芸当です。まれにそのような能力を持ち合わせて何百億と稼いだ人はいますが、ほとんどが下げ相場でやられてしまいます。下りのエスカレーターを駆け上がるような無理はしないでも、下りのエスカレーターでは降りて来れば良いのです。その下りの下げ相場に乗って降りて来るテクニックを空売りと言います。

つまり株価が高い内に株を借りて売りを仕掛けることを空売りと呼び、株価が安くなって買い戻して借りた株を返済して差額の儲けを手に入れる方法です。これが逆に動くと損が発生します。

空売りにはそれなりのテクニックや守るべき事があります。これを守らないと大変な事になることも事実です。空売りで成功するためのノウハウを空売り法則として公開いたします。

■ その内容の一部を上げると ■■■
空売りのメリット
  • 空売りのメリットを知ることによって、空売りの有効性を理解し空売りを投資技術に組み入れることが出来るようになります。
空売りのデメリット
  • 買いにもいえることですが、空売りにもデメリットはあります。これを知ることによって、安全に空売りを行うことが出来るようになります。
空空売りの4つの条件(空売りを仕掛けて良い条件です)
  • 空売りを仕掛けるポイントはここから仕掛けます。これを知らないで行うと大変なリスクを伴うことになります。
  • 次に大事なポイントです。この条件を知ると空売り銘柄を見つけることが簡単になります。
  • その次に大事なポイントはこのポイントです。これを間違わなければ空売りを怖がる必要がなくなります。
  • 空売りを仕掛けるポイントがわかります。
個別銘柄で確認する6つのポイント
  • 個別銘柄でまずこれを確認しないといけません。ここでふるいにかけます。
  • これも大事なポイントで、これが空売りの安全性をかなり高めます。
  • これはFよりさらに重要な点で、これが条件を満たしていると、下げることが約束されたようなものです。
  • これも間違いなく下げを確定的にする条件です
  • この条件を満たしたものは、下げるよーと、株が叫んでいるようなものです。空売りは簡単だと言うことが理解できます。
  • 多少のリスクを取っても大きく儲けたい人はこれを知らないと無理でしょう。
さらにどの様な日足が現れたときに空売りをして良いか、空売りの待ち伏せの仕掛けを作り、あとは獲物がかかるまで待つだけという方法、具体的な事例を挙げながら詳しく説明がされています。
実は空売りはそれで儲けるだけでなく、もっと大きな重要な要素を含んでいるのです。これは買いにとって、とても重要な秘訣で、理想的な買いが出来るようになるのです。あなたがプロ以上の投資家に変身する可能性が秘められているのです。

この空売り法則によりあなたは、プロ並みのテクニックを身につけ、相場の全体像を把握し、未来が見通せるようになるでしょう。暴落相場でみんなが青くなっているときに含み益が雪だるまのように膨らむ快感を味わうことが出来るのです。
恐怖を味わうのがいいのか、快感を味わうのがいいのか、それはあなた次第です。

その答えはあなたの胸の中にあります。