急騰銘柄発掘法

負ける原因はこれ

だからあなたも負けるかもしれない

なぜ株式投資で負けるのしょうか
私はあなたが投資で負けているのを知っています

なぜ?って、ほとんどの投資家が損をしていることは
今まで登録していただいた投資家のアンケートで結果が出ています。

一番相場で失敗する原因
それは高値買いです。

高値飛びつき買い

これがすべての投資家に言える失敗の投資パターンです。
驚くべきことにどうしてこんな高値で買うのだろうと思うようなところで買ってしまうのです。

そしてそれは失敗のパターンになるでしょう。
しかし人間は失敗を認めたくないものです。

そこで売らなければ失敗は現実化しません。
そこで高値で買ったきり売らないという行動に出ます。

これが塩漬け投資です。

もっとも株式投資は買う人と売る人がいて成立します。
ですから売り手にしては高値で買う投資家がいないと困るのです。

みんなが売り手になってしまうのが暴落です。
年中暴落は起きません、その株価が高いのか安いのかはその投資家が判断します。

しかし結果として高値で買った投資家は勝敗でいえば負けたほうでしょう。

投資をするには勝たなければ儲けになりません。

そこで高値で買わないようにすることが
一番の重要なポイントになります。

自分の買った位置が高値だったのか安値だったのか
検証することが必要です。

それはすぐに表れます。利益が増えてくれば安値で買ったことになり
損が増えてくれば高値で買ったことになるからです。

なぜ衝動買い?

とっさに買ってしまうことを衝動買いといいます。
株は衝動買いしやすいのです。

ではなぜ衝動買いをしてしまうのでしょうか。

株が目につくのはたいていが大きく動いたときです。
また大きく動いたときにはニュースにもなり、みんなが注目します。

その時に材料を目にしたり記事からさらに上げると判断したり
検討した結果高値で買うことになります。

自分自身納得したうえで。

ですからその後株価が下げたのは自分が悪いのではなく、
下げる株価がおかしいと思ったりすることもあります。こんな経験ありませんか?

自分の決定は正しいという心理作用があるからです。
ここで自分の間違いを認めないことが後々さらに傷口を広げることになります。

買いたいと思った時に10分間時間を置きます。
そして再度法則や、買うべき理由などを検討して
それでも買いだと判断したら買うという冷静さが必要です。

これは心理学者がオススメする欲望を抑える方法です。

動くものに飛びつく

これはどうしても避けられない本能的なもののようです。
人間を動物とすれば動く小動物を捕まえて食料にすることはごく普通の生存本能です。
狩猟民族などは特にそうでしょう。

小さい子供も動くものには非常に関心を示します。
また手を出そうとします。

株も高くなるほど株価が急騰するので大きく動きます。
つまり目につくときは高値で動いた時という条件になります。

気が付いたら高値まで急騰した株がそこにあった、

そして新聞やニュースでは大幅増益というような記事も目に入ってきます。

そして株価が値上がりしているという強気の気持ちと一緒になって、
清水の舞台から飛び降りたつもりで「えい!」とばかりに買ってしまうのです。

買うときはわくわく感いっぱいで希望に満ちて買いつきます。
しかしその後・・・これを繰り返します。

上げると強気

動くと飛びつきたくなる、高値買いをする、そういう失敗のもとは
このへんに強気になるという現象が後ろで糸を引いています。

株価が上げると強気になり、下げると弱気になるのが人間の心理です。
お祭りが人気があるのはただ集まって騒いでいるだけで高揚するからです。

行列のできる店もそこに勢いを感じるから
とりあえず買ってみようかという気持ちになるのでしょう。

上げると強気になり、下げると弱気になるということは
株を一度でも買ったことがある人はすぐにわかります。

株の上昇を見つけるのが遅く、急騰していくのを目にして、興奮して、
さらに上げると強気になり、思い切って最高値で買ってしまうのです。

その結果その日か翌日にはもう含み損

そして下がると弱気になる人間の性質は今度は最悪のタイミングで売ることになります。
相場が最後には急落します。その急落の下げというのも目立つのです。

その時にもうだめだという弱気が支配して驚くべきことに
最安値で売ってしまう人もいるのです。

底値では大出来高が出来ます。
たくさんの投資家が総弱気になって売り急いだ株を誰かが買っているのです。

負ける投資家は底で売る投資家

勝つ投資家は底で買う投資家なのです。

気分に支配されないことです。

自分の行動は正しい

これは誰でもそうですが、自分の間違いは認めたくありません。
自分の行動は正しいと信じています。

株式投資でも同じことが起きます。たとえ最高値で買ってしまっても自分の選択は正しかったと思うものです。
いや正しかったと思いたいというのが本当のところでしょうか。

ですから株価はどんどん下げていきますが、
自分の方針を変えることは難しいのです。

上がると予想して買った株が自分の予想に反して下げたなら、
すぐにロスカットをすればいいのですが、それが出来ないのです。

場合によっては株価が間違っている、というような気持にさえなります。
そして傷口を大きくしてしまうのです。

ですから昔から相場の格言があって「相場は相場に聞け」ということが言われています。
相場、株価の動きが正しいのであって、自分の思い込みは間違っているのです。

そこを認めないと高値買い安値投げの繰り返しで
投資資金は見る見るうちに減って行くのです。

さて、対策は?

上記の欠点は誰でも持っています。

そしてみんな失敗しています。それを自覚しましょう。
そしてそのような欠点を出さないように十分に意識して注意することです。

気を付けていれば防げることでもあるのです。

そして最初に書いた通り勝利する3つの方法を実行するのです。
そのためにはまず安値でこれから上げる銘柄を見つけなければなりません。

まず初めに急騰する銘柄の上げ始めを見つけましょう
まず株式投資で儲ける為に、一番最初にしなければならないこと
それは
「急騰する銘柄をどうやって見つけるか」です。
今まで急騰銘柄発掘法のノウハウをダウンロード
出来ましたが、現在は終了しております。
その代わりにサイトにアップしてあります。
ただし有料サイトになっているために通常は見ることが出来ません。
そこでご登録いただいた方には1か月間無料で有料サイトに
はいれるID パスワードを発行することにいたしました。
これは仮のID パスワードですが、自由に閲覧・ご利用ができます。